ショートケーキ

一度は行きたい! ショートケーキの名店3選

ショートケーキはシンプルだからこそ、それぞれのお店のこだわりが現れます。ここでは一度は行きたいショートケーキの名店を3軒紹介しましょう。

ル・パティシエ・タカギ

東京世田谷深沢に本店をかまえる手作りケーキ・スイーツのお店です。定評のあるショートケーキは、しっとりとしたスポンジ生地と上品な甘さのクリームが見事に調和した絶妙な味わい。甘さと酸味のある大きめサイズのとちおとめが使用されているのもポイントです。


公式ページ:http://lplctakagi.jp

スイートサンクチュアリISO

東京・東向島、浅草に店舗を持つケーキショップです。青森県産の高級卵、北海道産の生クリームなど、厳選された素材を贅沢に使用。スポンジの間にイチゴジャムをサンドすることで、より一層イチゴの風味を増しています。


公式ページ:http://www.ss-iso.com

銀座千疋屋(ぎんざせんびきや)

銀座千疋屋は創業121年の老舗果物店。いちごが旬の季節限定で「苺ショートケーキ」を販売しています。カステラのような食感の生地に最高級イチゴを丸ごと使用した贅沢なショートケーキです。


公式ページ:http://ginza-sembikiya.jp

おすすめ!ショートケーキの人気レシピ

買うよりも自分で手作りしたい! という方のためにショートケーキのレシピを集めました。誕生日やクリスマスなど、大切なイベント時などに挑戦してみてくださいね。

簡単、いちごのショートケーキ❤

定番とも言えるシンプルなショートケーキレシピ。ふわふわとしたスポンジケーキがポイントです。
http://cookpad.com/recipe/3582254


低糖質レシピ☆ショートケーキ

スポンジケーキに小麦ファイバーや大豆粉を使用した糖質制限レシピ。ダイエット中の方も安心して食べることができます。
http://cookpad.com/recipe/3547863


米粉で★フレジェ風イチゴショートケーキ

豆乳を使ったヘルシーなシュークリーム。さっぱりとして美味しい生地に仕上がります。
http://cookpad.com/recipe/3574369


ケーキの歴史

スイーツの代表といえば何と言ってもケーキ! 洋菓子店のみならず、コンビニやスーパーでも販売されており、その種類もさまざまです。では、ケーキはいつ頃から作られるようになったのでしょうか? 歴史上、初めてケーキが作られたのは古代ローマ時代だと言われています。しかし、当時のケーキは現代のケーキとは違い、今で言う菓子パンに近いものだったようです。スポンジケーキを土台にした現代的なケーキが生まれたのは17世紀ごろ。フランスの王室を中心に、お祝い時のデザートとして作られたのが始まりです。その後、18世紀に卵を卵黄と卵白に分けて泡立てる別立て法が確立され、ふわふわとした食感のケーキが生まれました。

ショートケーキは日本発祥?

ケーキと聞いてまず思い浮かぶのはどんなケーキですか? おそらく、多くの方がスポンジケーキに生クリームとイチゴがデコレーションされた『ショートケーキ』をイメージするのではないでしょうか? 日本ではポピュラーなショートケーキですが、実はこれ、日本独自に進化したもので海外のケーキとは異なります。残念ながらショートケーキの考案者は現在も不明ですが、ショートケーキを日本に広めたのはペコちゃんでおなじみの洋菓子店『不二家』です。創設者の藤井林右衛門が大正11年に発売し、一般的に広く知られるようになりました。海外では、ジャパニーズ・ショートケイクの名で知られています。

海外のショートケーキは全く別物?

アメリカやフランスにもショートケーキと呼ばれるお菓子がありますが、これは日本のショートケーキとは全く別物です。アメリカで言うショートケーキとは、ビスケットと呼ばれるサクサクした生地にクリームや果物を挟んだもの。フランスで言うショートケーキは、アーモンドペーストが入ったしっとりした生地にクリームやバタークリーム、クレーム・ムースリーヌが使われたもので、日本で『フレジェ』として知られているものです。

ショートケーキの語源は?

ショートケーキの語源にはさまざまな説があります。一つはアメリカのショートケーキをヒントに作られたからという説。もう一つはショートタイムに由来し、短時間で作ることができるからという説です。そのほかにも、「スポンジケーキを作るのにショートニングを使用するから」など、さまざまな説があります。ショートケーキというとカットされたケーキをイメージすることが多いですが、本来ショートケーキという言葉にはこうした意味は含まれていません。